2016/08/20 19:21

maison de NOBILISにおいてもカラーはとても重要な要素で、事実ブレスレットやアンクレットは毎年カラーを変えつつ展開している。

色の持つ属性というか、感情に影響する効果というのはファッションの分野でも特に大きく、売り上げすら大きく変えてしまう。

服とアクセサリーではまたちょっと違って、ブレスレットやアンクレットは顔から遠いので選ぶ基準はほぼその人の好み。
逆に顔に近い部分は似合う似合わないがはっきりしている。

色の組み合わせは過去の実績や自分自身好きな配色にしている事が多いが、夏は特にグラデーションが人気。
さらに手元や足下は汚れやすいので白などの汚れが目立つ色はあまり人気がない。
個人的にはグレーのブレスレットが好きで、ポリエステルコードのグレーの色合いがコットンとは全く違い光沢があるように見えるので面白い。

サッカーなど、チームカラーというのもあり色には一体感を生み出したり、エネルギーになったり。
応援しているチームカラーのブレスレットはそれだけでそのチームを共有できる。
タイトルにもあるチームカラーを選ぶのかって話は、その人の娯楽の中でどの程度占めているかによると思う。
選ぶ色も自分に関連した色を選ぶことが多いからだ。
息子の所属しているチームカラーを選ぶのだって、ひとつの選択肢。

いつも夏前になって意識するのは、着用する人が元気になる、かつオシャレな配色。
もはや黒とネイビーは定番化しておりレギュラーからは当分離れることはなさそうだが、配色を考える上では服のトレンドも考えながら製作する。
例えば今季はスカジャンやMA-1などミリタリー。昨年に引き続き、ネイビーやカーキは人気だろう。
こういった色は秋冬でも動く。

何を基準に色を選ぶかは人それぞれだが、色の意味合いや配色センスというのは国によっても大きく違う。
日本人好みの安定感のある配色より、目指すのは刺激的な配色。

アクセサリーくらい刺激的なもの選んだって良いでしょ。
アンクレットは来年2年目に突入するので非常に楽しみ。


maison de NOBILIS Owner  Kenta Yoshida.