2017/01/17 00:22

2017SS販売予定分のリングですが、前回までのブルドッグは納得いかなかったのでお蔵入りとなり、Master Bulldog Ringはまたゼロから作り直し。犬のリングは難易度高すぎるのでやり直しは日常茶飯事。

とりあえず、まずおおよそ枠を削ります。

最初の段階。
なんとなく出来上がりをイメージしながら、余分な部分を削っていきます。

なんかスカルっぽい。行程はスカルと似てますが、動物は顔を下向きにするので角度をつける分難易度が上がります。
難しすぎていくら頭でイメージしても、出来上がりの大きさは全然違う事も。
そのため最初に大きめに切り出しておきます。


実はここまで来る間にもことごとく失敗しておりますので、気づけば机の上は粉まみれ。
全部ヤスリで削ってます。
リューターを使うのはここから。


ちょっと犬っぽくなってきた。
ここまできたら完成のイメージが湧きやすい。
さらに細かく削りつつ、形を整える。


いい表情。今回は良い物が出来そう。
頭が丸くて赤ちゃんみたい。この頭を丸くするのが今回は以外と難しかった。
リングの横幅より頭の方が小さいと、頭とリング本体との境界線をどうするか、非常に迷います。


さらに深く彫っていき、微妙なシワや耳、鼻を付けました。
今回はやっと成功しそうな原型が出来ました。
出来上がりが非常に楽しみ。